【活用事例で分かる簡太郎の効果!】

活用事例その2

業務効率のアップだけでなく、お客様満足度が目に見えて向上しています

ご導入システム

兵庫県有馬温泉で全国的にも有名な老舗ホテル、有馬グランドホテル様へ姉妹店『瑞苑』も含め『簡太郎3』を 2セット導入させていただきました。

お客様概要

お客様 所在地 業種
有馬グランドホテル及び姉妹店『瑞苑』 兵庫県神戸市北区 ホテル・旅館・飲食業

導入経緯

電話による予約受付を主に使用しているが、下記の問題を解決したいと考えていた。

  • 突発的にかかってくる電話で、聞き間違い・聞き忘れなどの基本的なミスが多々ある。
  • 老舗ホテルなので昔から贔屓いただいてる馴染みお客様の割合が多いことで電話対応でのミスが原因でトラブルの一因に。
  • 些細なミスが原因でリピーターを逃してしまっている。
  • 既存の予約システムと連動することでさらなるフロント業務の効率化を図りたい。
  • お客様のリピート率向上のため、きめ細やかな電話対応を社員に徹底させたい。

システム構成

導入後の改善点など・・・

  1. 独自開発の顧客管理システムを連動することで電話対応中のお客様情報の確認などがスムーズに行えパソコンの画面を見ながら安心して対応できるようになった。
  2. お客様の満足度向上につながったことはもちろんのこと、数十人いる予約担当者が自信を持って電話対応にあたることができるようになった。
  3. 基幹システムに簡太郎3を連動して、飛躍的に活用メリットが出ている。
    • お客様情報の確認だけでなく、直接予約管理システムに連動してスムーズな予約登録が実現。
    • 自動通話録音やログ閲覧などの機能を使い確実な情報伝達が出来るようになった。
    • 統計機能を使って電話量の把握が出来るようになり、適切な人員配置が出来る。
    • 新人とベテランのスキルの差をある程度縮めることが可能な強力なツールになる。

まとめ

インターネットによる問い合せや予約などが増えつつありますが・・・当ホテルではまだまだ電話による対応がほとんどです。
リピーターを逃さない・お客様のリピート率を増やすという意味からも『簡太郎3』は、強力なツールであることが分かります。

お客様満足度の向上と業務効率アップにより、ホテルに対するさらなる信頼度向上を期待できます。

ページ上部へ